Daz 開発者および iC の忠実なユーザーである月川様が Reallusion の開発者になりました。彼は美形キャラクターが好きなので、キャラクターのデザインと彫刻に大変力を注いて、「Akane」というコンテンツパックを作成しました。そこで、月川様を取材し、彼の創作経験を共有いたしました。

Q1:もしよろしければ、簡単な自己紹介をよろしくお願いします。また、「Akane」について教えていただけますか。

私は芸術系とは関係のない分野を歩んできて、趣味で CG を描いていました。2009 年の 11 月に iClone 3 の体験版を入手して夢中になり、すぐに iClone 3 PRO を買いました。買ってすぐに直面した大問題は、備え付けのキャラクターの中に、気に入った美男美女がいないということでした。iClone 5 になって DAZ キャラクターを移植して使えるようになったことは、大きな進歩だと思います。

Akane は Character Creator 3 のベースキャラクターを Ultimate Morph、Headshot Morph 1000+、3D-Coat、ZBrush などで加工して作りました。

Q2:Reallusion 製品を使う前と後でどんな変化がありましたか?具体的な制作フローも教えてください。

iClone は、とにかく簡単に動画を作ることができるという点で、今まで出会ったソフトの中で一番気に入っています。iClone がなければ、こんなにたくさんの動画は作っていなかったと思います。私の動画制作は、舞台とキャラクターをそろえることで半分以上が完成したと思っています。ストーリーやセリフは、キャラクターにモーションを適当に入れると、自然に出来上がっていくという感じです。本格的な長編動画を作るには、絵コンテが必要だと思いますが。

Q3:今後、Reallusion マーケットプレイスでコンテンツを販売しようとしているコンテンツ開発者に対してどのようなアドバイスがありますか?

値段の高いベースコンテンツを買わなくても使えるようなコンテンツを作った方が、ユーザーには好まれると思います。ベースコンテンツを使ったとしても1個くらいにしておいた方が、いいと思います。

私個人の希望としましては、日本の漫画やアニメ調のキャラクターを作ってくださる方がたくさん参入して下さることを願っています。

Q4:取材をお受けいただきありがとうございます。この先は我々が楽しみにできるキャラクター創作などの計画とかあればぜひ教えてください。

髪の毛や服、靴などを含めたキャラクターセットを全部一人で作るのは、時間がかかって大変なので、ベースキャラクターを加工するとか、もっと手軽に作れるような戦略を考え中です。さしあたっては、豪華なヘアアクセサリーを ZBrush で作る予定です。

月川様の作品をもっと見たい
ブログ:http://blog.livedoor.jp/tsukitaku/
Youtube:https://www.youtube.com/user/tsukikawatakumi
マーケットプレイスストア:https://marketplace.reallusion.com/store/Tsukikawa


Character Creator は、デザイナーがキャラクターアセットを簡単に作成、インポート、カスタマイズするための充実したキャラクター作成ソリューションです。
*無料体験のダウンロードはこちら >

最新のリアルタイム技術を統合した iClone は、 3D アニメーション の世界をユーザーフレンドリな制作環境の中にわかり易くまとめましたので、3D アニメーション、シーンデザインや映画の様な物語をブレンドすることができます。
*無料体験のダウンロードはこちら >


Reallusion には 50 万人を超えるユーザーベースがあります。開発者になると、より多くの人に作品を届けます。さらに、Reallusion の認定開発者になると、収入も得られます。

もし、開発者になりたいなら、開発者センターへようこそ。このセンターでは、詳細な操作マニュアル、または開発をより簡単にするために無料のテンプレートプロジェクトを提供されております。